ページの本文へ

ダイキンリース・クレジット

h1

高さ取る画像
スマホ画像

200W 公称最大出力

型式:DKJE200SS

希望小売価格
100,000円(税抜き)

● スレート瓦から和瓦、平板瓦や横葺き板金など、さまざまな屋根材に合わせた設置方法や専用金具をご用意しています。
● 軒側の屋根材との隙間を隠し、屋根との一体感を高める「軒先プレート」もあります。
● 多雪地域向けの傾斜屋根ラックシステムもございます。

縦ラックの改良、金具固定点の追加、モジュール補強のためのバックサポートバーの追加などにより、耐荷重性能を高めています。対象屋根材は和瓦、平板瓦と横葺き板金に対応しております。積雪1m~1.5m以下の地域(北陸・信越・東北・近畿・山陰・北海道の一部)が対象になります。

●積雪が30cm以下の地域で、落雪による危険が想定される場合は、雪止め付き仕様を使用してください。積雪が30cmを超える地域でも落雪による事故防止のため、雪止め付き仕様をおすすめします。ただし、雪止め性能は、雪止めを保証するものではありません。
●設置パターンはイメージとなります。
●太陽電池容量は、小数点2桁未満切り捨ての数値で記載しています。よって、搭載容量の比較はおおよその数値となります。
●本文中の「公称最大出力」は、JISC8990で規定するAM1.5、放射照度1000W/㎡、モジュール温度25℃での値です。「セル実効変換効率(%)」は[モジュール公称最大出力(W)×100]÷[1セルの全面積(㎡)×1モジュールのセル数(個)×放射照度(W/㎡)](放射照度=1000W/㎡)×100、「モジュール変換効率(%)」は[モジュール公称最大出力(W)×100]÷[モジュール面積(㎡)×放射照度(W/㎡)](放射照度=1000W/㎡)×100、で算出しています。

スカイソーラー ラインアップ

SkySolar(スカイソーラー) type E

屋根との一体感を高めたスタンダード・タイプ。

SkySolar(スカイソーラー) type G

陸屋根設置に適した専用タイプ。

SkySolar(スカイソーラー) type P

さまざまな屋根形状に対応+大容量発電。

在庫僅少品

SkySolar(スカイソーラー) type S

屋根と調和する細長モジュール設計。

在庫僅少品

ソーラー発電モニター
(オプション)

モニターユニットでも、お手持ちのタブレット端末でも太陽光の発電状況を手軽に確認できます。

製品の特長

SkySolar(スカイソーラー) の特徴

屋根との一体感に優れ、様々な屋根材に柔軟に対応

2人暮らしなら2kWの太陽光発電システム

家で使う分だけを発電するのが新しいスタイル

試算シミュレーション

「スカイソーラー」導入でどれだけお得になるのか?光熱費の変化をシミュレーションできます。

産業用の導入メリット

ダイキン・スカイソーラーは、産業用としてもご採用いただけます。

ページの先頭へ