ページの本文へ

  1. トップ
  2. ダイキンの空調製品
  3. お客さま訪問シリーズ
  4. No.223 群馬県藤岡市 藤岡市立東中学校 様

No.223 藤岡市立東中学校 様

群馬県藤岡市

新型ウィルスの対策に加湿空気清浄機を設置。ダイキン製が一番信頼できました。

校長 岸 正博 先生

導入のきっかけ

「当校が感染源にならない」という思いで予防に取り組んでいます。

5月の末、関西方面へ修学旅行に出かける直前になって、関西で新型のウイルスの発症者が出た、というニュースに接しました。

目的地での発症者は0名だったので修学旅行は決行しました。マスクを300枚持参して生徒に配付し、消毒と手洗い、うがいも徹底させました。

関西滞在中に近隣の地では発症者がどんどん増え、さすがに心配しましたが、予防を徹底したこともあって、旅行生からは一人の感染者も出さずにすみました。

旅行から戻ってすぐ、校内の手洗い場に消毒液とうがい薬を備え付け、マスクも備蓄して、生徒全員に感染予防の意識を浸透させています。

ところが、夏休みの8月後半になって、ある部活動で発症者が出て、合計で27名が感染しました。

最初の発症が分かったときから1週間、生徒の活動を停止にしたところ、それ以上は広がらずに収まりました。この二度の経験から予防の意識が高まり、教師・保護者・生徒の間に「当校が感染源にならない」という共通の思いが根づいていったと思っています。

手洗い場には、消毒液とうがい薬を欠かさない。

予防用の薬品・備品の在庫状況は、パソコンを使って一元管理。

各教室に「うるおい光クリエール」が設置された瞬間です。

保健室にももちろん設置。大風量吸引・大風量加湿に期待されているそうです。

フィルターに捕獲したものに効果を発揮します。
ストリーマ放電はウイルス等を除去する性能を有していますが、感染予防を保証するものではありません。

大風量で吸い込み、機械の内部で強力に除去する、ダイキンの「ストリーマ」が信頼できました。

そんなことがあったので、新型ウイルスの本格的な流行に備え、2学期になってすぐ、「空気清浄機を設置する」という検討を行いました。

どのメーカーの、どんなタイプの空気清浄機にするか、インターネットで情報を収集しました。いろいろ検討したところ、ダイキンの「ストリーマ」技術が良さそうだ、ということになりました。

ダイキンの空気清浄機は、大風量で吸い込んで、機械の中でしっかり除去します。機械内部で処理する点が、他社のものよりも信頼できると思った第一の理由でした。

冬場に空気が乾燥すると、ウイルスの活動が活発になります。そのため加湿の必要性も感じ、加湿できるタイプの空気清浄機にしようということになりました。その点でも、加湿量が大きい「うるおい光クリエール」に魅力を感じました。

もちろん、一番大切なのは、日々の予防のための心がけです。けれど「うるおい光クリエール」の導入が、生徒たちの予防の取り組みを心強く支えてくれると信じています。

ウイルス対策・感染の定義は個人の捉え方により差異があります。ここではあくまでもお客様の声として掲載しています。

納入の概要

お客様

藤岡市立東中学校 様

所在地

群馬県藤岡市

ご販売店

三共燃料株式会社 様

納入機器

  • 加湿空気清浄機 うるおい光クリエール 計22台
    (内訳:パールホワイト 19台、ショコラブラウン 3台)

※上記事例及びご採用機種は2009年11月現在のものです。

PDFダウンロード

A4サイズにプリントし、お客様への提案資料としてご活用ください。

PDFファイルのダウンロード(473KB)

ページの先頭へ