ページの本文へ

  1. トップ
  2. ダイキンの空調製品
  3. お客さま訪問シリーズ
  4. No.231 大阪府吹田市 オッペン化粧品株式会社 様(オフィスビル)

No.231 オッペン化粧品株式会社 様(オフィスビル)

大阪府吹田市

清潔で安心できる社内環境を省エネを図りながら手軽に実現。

オッペン化粧品(株) 総務部・庶務保険チーム

課長 藤井正美 様
藤原美礼 様

ご採用の経緯

省エネの推進と社員の健康は、私たちの大きなテーマでした。

設置後16年が経ち、部品交換も困難となってきましたので本社社屋の改修に合わせて空調機の更新を行いました。

社会的責務からも省エネの推進も大切ですが、同時に職場環境の向上にもこだわりました。

以前より、各部屋に業務用空気清浄機を導入したり、BGMを流したりと、社員が“心地よく”仕事ができる環境づくりに努めています。

特に最近は新型ウイルスが大流行しているので、社員の健康管理の面から有効な対応策を探していました。

ちょうどそんな時、空調更新をお願いしていた伊吹金属工業さんからエアコンに組み込んで冷暖房と同時に空気中の雑菌・ウイルスを除去できる「光速ストリーマ除菌ユニット」※をご提案いただきました。

化粧品メーカとして清潔イメージを大切にしたいし、第一に社員が安心して仕事ができる環境は、最終的に作業効率の向上にもつながると判断し、採用させていただきました。

現在、食堂、執務室、会議室と人の集まる空間を中心に光速ストリーマ搭載のエアコンを配置しています。

「ウイルス対策エアコン運転中!」のポスターを掲示して、「安心して働いて下さい」と社内ではPRをしています。

人の集まる食堂や執務室に除菌ユニット組込型を配置。

ウイルス対策エアコンのポスターで社内外に安心感をアピール。

省エネ+快適・清潔。ラウンドフロー室内機はまさにぴったりなエアコン!

伊吹金属工場株式会社
取締役会長 鎌田 光熙 様

ご提案の経緯

まず、老朽化した空調の更新とともに大幅な省エネがテーマでした。

既設空調機を管理していたダイキンエアネットサービスの蓄積データに基づいて効果的な省エネができる空調システムを検討しました。

その上で気流の改善、省エネ効果の向上から全周吹出しのラウンドフロータイプ室内機を提案しました。

同時期にダイキンさんから光速ストリーマが11月に発売されると聞き、職場環境に気を配られているオッペン化粧品様にぴったりな商品と、エアコン室内機に組込むユニットタイプをご提案いたしました。

場所を取らず、エアコンと同時運転できるのも良いのですが、何よりも省エネ効果の高いラウンドフロータイプで快適さと清潔さを同時に高められる点が大きな採用ポイントだったと思います。

更新用個別運転マルチVe-upQ+ラウンドフロー室内機で省エネ効果は大幅に向上。何とか条件をクリアし、国の省エネ改善補助金も受けられ、喜んでいただけました。

社屋外壁に遮熱塗装を施したり、「冷暖房1℃意識で1割減」の標語を掲げられたり、省エネ運用にも精力的に努めてらっしゃいます。

単に省エネを追求するだけではなく、社員さんが快適で安心して働ける環境づくりにも尽力する。快適+清潔は、今後、重要なキーワードになってくるのではないかと思います。

ラウンドフロー室内機で気流を改善。

全周吹き出しで、 快適冷暖房& 除菌を実現。

省エネ啓発も積極的に展開。

フィルターに捕獲したものに効果を発揮します。
ストリーマ放電はウイルス等を除去する性能を有していますが、感染予防を保証するものではありません。

※ 浮遊カビ菌除去性能/(財)日本食品分析センターの測定に基づく換算値 ・測定は、部屋面積:約8畳の部屋で行っています。 ・試験方法:施設内に供試機を設置。施設内で空気をかくはんしながらカビ胞子を散布し経時的に空中浮遊カビ数を測定。 ・測定方法:エアーサンプラー法 ・試験報告書番号:第209081578-001号 ■ウイルス除去性能/測定方式:抗菌試験/ウイルス除去試験 試験機関:(財)北里環境科学センター 試験番号:北環発第21_0026号 試験結果99.9%除去(捕獲したものに対して効果を発揮します。)

納入の概要

お客様

オッペン化粧品株式会社 様

所在地

大阪府吹田市

納入機器

「更新用個別運転マルチVe-upQ」
14系統(179.5馬力)
室内機/68台
(ラウンドフロー57台・ダブルフロー3台・天井埋込ダクト8台)
スカイエアZEAS-Q/4馬力(ラウンドフロー)×1台

※上記事例及びご採用機種は 2009年12月現在のものです。

PDFダウンロード

A4サイズにプリントし、お客様への提案資料としてご活用ください。

PDFファイルのダウンロード(963KB)

ページの先頭へ