ページの本文へ

No.324 後藤様

愛知県江南市

家に入った瞬間に感じる木の香りと暖かみそんな理想の住宅にベストマッチした商品です

ご採用の経緯

高気密・高断熱の住宅に興味があり、家を新築するにあたりミノワさんの住宅を見学しました。そのとき他の住宅では感じられなかった木の香りやぬくもりに感動しました。また、土壁工法を採用し、気密性・断熱性にこだわった家づくりに、とても興味を持ちました。

藤井社長に「お勧めしたい換気システムがある」と提案されたベンティエールの、熱交換効率がとても高く、熱をムダにしない換気ができるところが気に入って、こちらに決めました。

ご採用後の感想

この辺りは、夏は猛暑日、冬は氷点下になるような地域ですので、冷暖房設備は欠かせませんでした。

屋外では夏場35℃を超える暑さなのですが、藤井社長から「この家と、ベンティエールがあれば2.2kWのエアコンが一台あれば十分です」と聞いていました。

実際、一台でも十分快適なうえに、以前の家と比べてエアコンを長時間使う機会が減ってとても驚いています。

秋の気候になり、同居する母のために厚めの布団を用意したのですが、熱をムダにしないこのベンティエールのおかげで、暑くなってしまうからと普通の布団に戻したくらい夜も家の中が暖かく感じます。暑さ寒さが堪える私たちのような世代にはぴったりの換気設備ですね。

『暑い日に外出し、帰宅したときにも快適さを実感します』

以前は、暑い日にエアコンを切って外出し帰宅すると、家の中は蒸し暑く、空気がどんよりしていました。今では24時間ベンティエールが動いているので、玄関に入った瞬間から、快適な空気を感じられます

快適さを提供できる換気性能と、容易なメンテナンス性が提案の決め手です

株式会社ミノワ 代表取締役
藤井和治 様

弊社は20年以上にわたり快適な家づくりに取り組んできました。伝統的な土壁工法と先進の気密・断熱工法を組み合わせ、少しでも快適な住宅をご提案できるよう考えてきました。他の工務店の現場視察も進め、勉強会を行うなど、研究を重ねてきました。

高気密・高断熱住宅には換気がとても重要です。第三種換気では住宅内の快適な空気が失われますので、それを防ぐ第一種換気が欠かせません。この辺りは寒暖の差が大きい地域ですので、換気負荷による室内温度への影響が大きく、快適性を保つには熱損失を効率よく抑える換気機器が必要なんですね。そのため性能の良い換気機器を探してきました。

ベンティエールが発売されると聞き、調べてみると熱交換効率が冬は90%※、夏は85%※という性能の高さにとても驚きました。この数値は世界最高水準の数値なんですね。今回の後藤様邸はQ値が1.0以下ですので、ベンティエールとエアコンを組み合わせることで、かなりの省エネ・節電効果を生み出せます。約30畳のリビングでも2.2kWのエアコン一台で十分です。

また、床置形なのでフィルター交換などのメンテナンスが簡単でいいですね。天井埋込カセット形などと違いメンテナンス時に脚立を使う必要がありませんので、安全面からもお勧めです。納入後もお客様とお付き合いのある私たちにとってもご提案しやすい商材といえます。

※JIS B8628に準拠した値です。

納入の概要

お客様

後藤様

所在地

愛知県江南市

納入機器

住宅用全熱交換器ユニット ベンティエール:床置形 VHVS18A ×1台

※上記事例及びご採用機種は2012年12月現在のものです。

PDFダウンロード

A4サイズにプリントし、お客様への提案資料としてご活用ください。

PDFファイルのダウンロード(914KB)

ページの先頭へ