ページの本文へ

No.397 秋田魁新報社 様

秋田県 秋田市

補助金を活用してEHPに更新。
省エネ&省コストが実現し、空調管理の一元化も可能になりました。

秋田魁新報社 様

1874年に創刊した秋田魁新報社は東北地方において最も古い歴史を持つ新聞社であり、県内で約6割のシェアを誇っています。日刊「秋田魁新報」の他にも週刊「さきがけスポーツ」を発行するほか、書・絵画の展覧会や囲碁将棋の大会、野球や剣道の大会等、文化・スポーツの大規模イベントを主催するなど多岐に渡る事業で、県民の豊かな暮らしを支えています。

ご採用のポイント

  • 補助金活用によるイニシャルコストの削減
  • EHPへの切り替えによるランニングコストの削減
  • インテリジェントタッチマネージャー導入による
    利便性の向上

秋田魁新報社
総務局 総務部
佐藤陽輝 様

ご採用の経緯

●このビルが新社屋として建てられた23年前から稼働する既設機器が老朽化してきていたため、更新は数年前から喫緊の課題でした。

●そんな折に東北電力・小林様からご提案いただき、できる限り省エネにつながる機器を選択することにより、補助金を活用させていただくことを目指して計画していくことに決めました。

●補助金対象として認められるのは簡単ではありませんから、具体的な機器の選定・組み合わせをお任せした小林様にはご苦労いただきましたので、とても感謝しています。

●EHPへの入れ替えによってランニングコストを削減できたことはもちろん、合わせてインテリジェントタッチマネージャーを導入できたことで、これまで各階を巡回して行っていた空調管理が一元でスケジューリングまでできるようになり、ずいぶん助かっています。


ご提案の経緯

●補助金申請にあたって少しでも省エネ性能の高い機器を選定しようということで、機器選びには苦心していたんですが、新たに発売されたダイキン社製VRV H・QHを組み合わせれば満たすべき省エネ基準値を超えられることが分かり、ご提案しました。

●おかげで補助金の適用が決まり、更新のイニシャルコストを抑えていただきながら、快適で、省エネルギーな空調環境への移行をお手伝いできましたので、ほっとしています。

東北電力株式会社
小林弘幸 様


施工店さまの声

株式会社ユアテック
設備課 課長 佐藤智之 様

扱いやすさも空調メーカーならでは。

●室外機の点検・メンテナンスの際には雪が吹き込まないように気を付けながら作業を行いますが、ダイキン製品はパネルの取り付けられ方や配管接続部分のスペースの空き加減など、施工者にとっても作業しやすい構造になっているのでとても助かっています。

●またVRV QHについては、あらかじめ冷媒が充填されているため、その都度量って詰める手間がいらずスピーディに作業を行えるので、更新時にとても役立つ製品だと思います。

室外機は風向きも考慮して設置される。

iTMでビル内空調の管理を一括して行っている。

S-ラウンドフロー室内機が設置されている執務フロア。

温度や風量・風向はリモコンにより個別設定も行える。

納入の概要

  • VRV H

お客様

秋田魁新報社 様

設備概要

■ VRV H    : 20台
■ VRV QH    : 29台
■ Eco-ZEAS    : 3台
■ 電算機用エアコン : 8台
■ インテリジェントタッチマネージャー : 1台

マーケット

寒冷地

PDFダウンロード

A4サイズにプリントし、お客様への提案資料としてご活用ください。

PDFファイルのダウンロード(2.29MB)

ページの先頭へ