ページの本文へ

ダイキンエコキュート
  1. トップ
  2. ダイキンの空調製品
  3. ダイキンエコキュート
  4. ダイキンの「ヒートポンプ技術」

ダイキンの「ヒートポンプ技術」

長年ダイキンが取り組み続けている「ヒートポンプ」について、ここではわかりやすくご紹介します。

ヒートポンプは、エアコン、エコキュートに欠かせない省エネ技術

暑い夏、エアコンがどうして部屋を冷やせるか、ご存知ですか?

簡単にいうと、部屋の空気の中からエアコンが熱を集めて外に逃がし、熱を取った涼しい空気を部屋に送り込むから。

すなわち、空気中の熱エネルギーをポンプのように汲み上げて、建物の中や外に移動させているのです。

つまり「ヒートポンプ」とは、空気中の熱エネルギーを引き出して移動させることで冷却や加熱を行う“熱ポンプ”のことなのです。

省エネで環境にやさしい給湯機エコキュートに使われているヒートポンプは、エアコンと同じ原理。

「ダイキンエコキュート」はもちろん、他メーカーのエコキュートにも利用されている技術なのです。

ヒートポンプ技術で空調業界をリード

ダイキンが日本で初めて※1パッケージエアコンを開発したのは1951年。

以来、空調のリーディングカンパニーとして、ヒートポンプ技術に取り組み続けてきました。

1985年(昭和60年)には、ヒートポンプ式冷暖房・給湯マルチシステム「トリオシステム」を開発。

これは熱エネルギーをムダなく効率よく利用する、現在の「ダイキンエコキュート」の基となる製品です。

そして、2002年2月に、自然冷媒(CO2)・ヒートポンプ給湯機「ダイキンエコキュート」を発売。

エアコンで培ったノウハウを注ぎ込んだ「ダイキンエコキュート」は、製品ラインナップも拡大を続け、絶え間なく進化を続けています。

※1
当社調べ:パッケージエアコンにおいて。(1951年発売)

ヒートポンプでお湯も沸かせる「トリオシステム」が誕生

1985年(昭和60年)、ダイキンは業界初のヒートポンプ式冷暖房・給湯マルチシステム「トリオシステム」を発売しました。

「トリオシステム」は、熱エネルギーをむだなく効率よく利用する、現在の「ダイキンエコキュート」の基となる製品です。

快適な環境をつくる冷房と暖房。
そして暮らしの血液といわれる給湯を、1台のヒートポンプユニットで実現させたこのシステムは、当時、都心に生まれつつあったオール電化の超高層マンションにも多数採用されました。

(注)現在はトリオシステムを発売していません。

エアコンで培ったヒートポンプ技術を最大限に生かしたエコキュート登場

2000年より、ダイキンは長年蓄積してきたヒートポンプ技術を活かし、より少ない電力でお風呂やキッチンの給湯をまかなう「ヒートポンプ給湯機」の製品化に取り組みました。

すでにダイキンが特許を取得していた「スイング圧縮機」が、エコキュートで使用する自然冷媒CO2に適したコンプレッサーであったため(エコキュートのヒートポンプユニットに内蔵)、開発はテンポよく進みました。

開発した試作機を、全国各地のご家庭にお願いして、使用テストを実施。 外気温の低下する冬場の給湯性能や、家庭により異なるお湯の使い方に応じた運転状態などのデータを集め、それらを元にさらに改良を加えて、製品化をめざしていきました。

そして給湯機としての性能を十分確認したことで、2002年2月に「ダイキンエコキュート」の発売を開始しました。

以来、自然冷媒(CO2)・ヒートポンプ給湯機ダイキンエコキュートは、発売と同時に数多くのご家庭でお使いいただくようになり、省エネルギーや地球環境保護への意識が高まる中で、製品ラインアップも順調に拡大を続けています。

エコキュートのしくみ

未来の環境のことまで考えた、21世紀にふさわしい製品づくり

ダイキンの使命は、快適な空気環境を提供すること。
新しい製品づくりを行うにあたっては、常に自然環境を守ることを意識しています。

長年に渡ってダイキンが取り組んでいるヒートポンプ技術は、自然の熱エネルギーを利用することでCO2を削減し、省エネに貢献する技術です。

燃焼によって発生するCO2を抑制するオール電化ヒートポンプエアコン、 高効率運転によって電力消費を抑えたインバーターエアコンなど、世界中で環境に貢献する製品を販売しています。

これからもダイキンは、ヒートポンプ技術のさらなる研究・開発を進め、快適性と省エネ・環境性を実現する空調ソリューションを提供し続けます。

ダイキンエコキュート トピックス

スマホアプリで楽しくバスライフ「ふろロク」
エコキュート節電術
平成28年4月1日以降の新電力契約プランに対する、電力契約設定方法
更新用ヒートポンプユニットのご紹介
100人の声
ページの先頭へ