こだわりのプランを実現するために、ハウジングエアコン壁埋込形を選択

ハウジングエアコン壁埋込形:2FリビングF40HMV

ご夫婦

空間を邪魔しないエアコン
LDK全体をしっかりと空調

理想の住まいは、5年間ドイツで暮らした家

理想の住まいを建てるため、土地探しだけでも1年半近くかけたというT様ご夫妻。根気よく探してようやく見つけたのは、目の前に緑豊かな公園を望む土地。知り合いの建築士さんに依頼してデザインした建物も、こだわりがぎっしり詰まった傑作です。

LDKは、お友達が集まれば「立ち飲みバーのように人が集まる」(奥様)というコミュニケーション重視のアイランドキッチンがポイント。そして何といっても印象的なのはリビング部分の斜め天井。この斜め天井こそ、ご夫妻が最も実現したかったデザインでした。

実はご夫妻は、ご主人のお仕事の関係で、約5年間のドイツ暮らしを経験されていました。家族や友人と過ごす時間を大切にするドイツのライフスタイルは、今でもご夫妻の理想。駐在中に暮らした家も大のお気に入りで、住まいを新築する際には、その家と同じ斜め天井を使った開放感のあるリビングをぜひとも再現したかったというのです。それは、「屋根裏部屋に住んでいるような楽しい感じ」(奥様)や、「マンションにはない、いかにも一軒屋のリビングといったイメージ」(ご主人)も伴った、 お二人の住まいの夢の象徴でした。

お二人が理想と感じられたのはデザインだけではありません。冬の長いドイツの住まいには、室内で快適に過ごすための工夫がいっぱい。窓際にオイルヒーターが設置されるなど、暖かさとスッキリ感が両立した暮らしを経験したご夫妻が、同じようにシンプルで快適な住空間を実現したいと思われたのはごく自然な流れでした。

斜め天井のデザインと空調設備をどう両立させる?

こうして、デザインと快適さの両立を目指して始まった住まいづくりですが、空調設備については、「暖房のことだけを考えればよいドイツと違って、日本では夏も頼れるエアコンは必需品。でも、空間になじまないものは使いたくない」という大きな課題がありました。

室内の雰囲気を邪魔しないよう、エアコンも部屋の一部として溶け込ませたい、と考えたご夫妻は、住まいの設計段階から天井埋込形のエアコンを検討。ところが斜めになった天井に設置できる空調機は見つからなかったのです。

ご主人は当時を振り返ってこうおっしゃいます。「ビルトインの埋込形エアコンは天井に取り付けるタイプしか知らなかったので、あきらめかけていたんです。壁掛形でデザインに凝ったものを選ぶことも考えましたが、凝ったものほど時間が経つと陳腐化するもの。それは避けたかったので、壁掛形のエアコンを隠す専用のスペースを設計してもらうことも考えました。ただ、空調効果がそこなわれるのでは?との危惧もあり悩んでいました」

設計段階からの検討でハウジングエアコン壁埋込形の導入に成功

「いずれにしても、図面が完成するまでに方針を決めてしまわなければ」。そう考えたご主人が、何か方法はないかとインターネットで調べるなかで、唯一出会ったのが、ダイキンのハウジングエアコン壁埋込形でした 。

折しも、図面の概要が出来上がり、これからキッチンの機器や各部屋の照明プランを考えながら詳細を詰めるというタイミング。リビングに隣接するトイレの上に残っていた空間をエアコンの収納・配管に活用するということで、図面を修正するのにも間に合いました。屋外の配管が表通りから見えないよう配慮できたのも、この段階でプランを決めたからこそです。

図面が決まったら、機器の手配や設置はすべて、建築を担当する工務店に依頼。「自分で用意する方法もあったのですが、機器の手配から工事まで一貫してお願いしておけば、もし何かトラブルがあったときもまとめて相談できますから」(ご主人)という判断からでした。

壁との一体感と大空間にも十分の効き具合に満足

設置したエアコンは、カバーのアイボリーが白い壁と調和してスッキリとした印象。まさに「部屋の一部として溶け込ませたい」というご夫妻のねらい通りです。

LDKの広さは約43u、天井までの高さは最大3.6mという大空間ですが、空調の効き具合も上々です。冷房時には火を使うキッチンでも不快感なく空調され、暖房時も快適。食事を準備したり、多くの友人を招いて過ごすときも、コミュニケーションが弾みます。さらにダイニングやキッチンを使用しないときには、間仕切り戸を締めて、必要な場所だけ冷暖房するなど、より効率的に使っていらっしゃるとか。

「壁に埋め込まれたエアコンのお手入れはどうすればいいのかな?」といった疑問もあったそうですが、使ってみると難しいことは一切なし。表面のカバーをはずせば、あとは普通のエアコン同様にフィルターをはずして掃除するだけです。いつもお掃除を担当されているというご主人が、手際よく実演してくださいました。

お手入れは表面のカバーをはずして、
壁掛形のエアコンと同様に

ヨーロッパ的な心地よい暮らしはスッキリと快適な空間

ご夫妻のうち、デザインにこだわりを持ち、住まいづくり全体をリードしたのはご主人。でも、「家にいるのが好きで、何もしない時間も楽しく快適であればいい」という奥様にとっても、完成したお住まいは理想の空間です。雑貨集めが好きで「季節ごとに室内を飾り替えながら暮らしたい」という奥様ですが、飾られた雑貨が美しく映えるのも、ベースとなる空間がスッキリしているからこそです。

スッキリとして快適な住空間と、家族や友人とのコミュニケーションを大切にしながら、丁寧に暮らす心豊かなライフスタイル。T様ご夫妻が目指していらっしゃった、ドイツのような住環境も、見事に再現されたといえそうです。

住まいづくりに使用した
当時の資料を広げるご夫婦

T様ご一家がお使いの製品のご紹介

天井埋込形エアコン

インテリアに溶け込むフラットデザイン

ハウジングエアコン壁埋込形の製品情報

ページの上部へ戻る

次のストーリーへ

神奈川県川崎市 N様邸

乾燥肌からしっとり美肌へ
「うるる加湿」が悩みを解決

神奈川県川崎市 N様邸